金融証券

PTパブリックチェーンが正式リリース、いざ出航

PTパブリックチェーンプロジェクト進捗に関する公告及び開示されたプロジェクトコードによれば、公開された最新のコードでは、PTパブリックチェーンはウォレット関連コードの開発及び運行の構築が完了され、PTパブリックチェーンウォレットは正式的にリリースされたことを意味する。PT白書の計画によると、分散型ウォレットはPTパブリックチェーンエコシステムの重要な一部であり、ウォレットのリリースは、PTパブリックチェーンの前段階の準備作業が完了し、正式的な運営段階に入ったことを意味する。PTパブリックチェーンの支持者にとって、PTパブリックチェーンは飛躍的な第一歩を踏み出し、躍進の軌道に乗り始めたことを意味する。まさに、大変良いお知らせと言える。

Xinhua Silk Road:中国・泉州が21世紀海のシルクロードのパイロットゾーン建設促進に努める

中国南東部の福建省に位置する泉州は、「一帯一路構想(BRI)」のもとで「21世紀海のシルクロード(21st Century Maritime Silk Road)」のパイロットゾーン建設促進に努めてきた。

PwC:ブロックチェーン技術はトラッキング、トレーシング、信頼の向上で2030年までに世界経済を1.76兆米ドル押し上げる可能性

PwCの新たな分析によると、ブロックチェーン技術は今後10年で世界の国内総生産(GDP)を1.76兆米ドル押し上げる潜在力がある。

1,100万ドルの投資を獲得した後、Fincyはさらに150名の「戦略型」人材を採用

FincyがGBCIからの1,100万ドルの投資を獲得した後、Fincyシンガポールチームは、最新の人材採用計画をスタートさせます。グローバル人材チームの構築と事業開発能力を強化するために、世界中から150名「戦略型」人材を採用する予定です。それによって、ユーザーエクスペリエンスをさらに最適化し、勢いよく発展している市場の需要に対応します。

FincyがGBCIから1100万ドルの資本注入を獲得

国際主流メディア「商業時報」、「企業者」などによると、シンガポールの創業したばかりの金融科学技術企業Fincyはその親会社GBCIから1100万ドルの資本注入を獲得した。その資金はFincyが東南アジアでの技術サービスおよび市場の発展に応用される。

2020年ベストのデジタル通貨自動アービトラージのシステムガイド

JPEX数字銀行の環形アービトラージは、非常に成熟したアービトラージのシステムです。JPEX数字銀行には、日本の東京大学に所属する伊藤博士のチームによって開発された、AIベースの自動アービトラージのシステムです。このシステムは、自動的にデータを照合して記録し、リアルタイムで市場での変動を監視することによって、取引所への指示を送信して定量的な担当者と協力してリアルタイムで監視し、使用者の資金の安全性の確保します。

技研製作所: 河川堤防決壊の「人災」を糾弾

高知---- 近年相次ぐ河川堤防決壊の元凶となっている国の「土堤原則」を追及した株式会社技研製作所(本社:高知市、東証:6289)代表取締役社長・北村精男による著書『国土崩壊-「土堤原則」の大罪』が、全国の書店で販売され、好評を博しています。土堤原則の問題点は識者も指摘しており、本書などを通じて徐々に一般にも浸透してきています。しかし、メディアではほとんど取り上げられていないのが現状です。

サボニックスと三谷産業が提携、従業員の認知症の早期予防のためにデジタル認知スクリーニングを導入

三谷産業の三谷忠照代表取締役社長は、次のように述べています。「三谷産業は、サボニックスの認知評価サービスを40歳以上の全従業員に導入しました。これは世界で前例のないイニシアチブです。認知症は日本の超高齢化社会が直面している保健上の問題であり、定年を緩和ないし廃止する長期雇用を採用する日本企業すべてにとって非常に大きな問題となるリスクを抱えています。働けなくなる個人に影響を及ぼすだけでなく、疾患の進行に伴って周囲や家族に及ぼす影響とストレスも甚大です。ただ、認知症は予防できることが明らかになっており、生活様式の変化の見直しや社会的関係の改善によって進行を止めることができます。そして私はそれが早いほど良いと理解しています。日本には「人生100年時代」構想があり、健康寿命を延ばし、長く働けることが重要となっています。当社の約3300人の従業員は、10代から80代後半までと年齢に幅があります。すべ

The W World Corp. Plans to be Listed on NASDAQ

W World Corp., a biopharmaceutical company, announces its intention to get listed on NASDAQ on 2020/2021, opening speech by Professor Dr. OUDOM, Chairman of the W World Corp, June 28, 2020 at 0:00 a.m., New York.

Top companies choose Zhejiang,China

"As a member of our community, we always try the best to provide more support at such a special time." This is an official voice from Chevron China, which recently announced a donation of 2 million RMB to the China Women's Development Foundation to assist China in the fight against the epidemic.

ホーム 1 2 3 次のページ 尾页

ページあたり10アイテム(ページ1 / 3)合計24アイテム