中国のグリーンリーダーであるGEM株式会社はスイス証券取引所に上場

07-24

C:\Users\XUKAIH~1\AppData\Local\Temp\WeChat Files\c8f10b00350a3c27b984aa1e5b6dea1.png

図1 GEM(中国·湖北ケイ門)工場

中国·深圳証券取引所に上場しているGEM株式会社(002340)は、2022年6月22日、中国証券監督管理委員会が会社にグローバル預託証券(GDR)を発行し、スイス証券取引所に上場することを承認したと発表した。2022年7月20日、スイス証券取引所はGEMにグローバル預託証券(GDR)を発行し、スイス証券取引所に上場することを承認した。

スイス証券取引所での中国企業によるグローバル預託証券(GDR)の発行、およびスイス証券取引所への上場は、中国とスイスの間の資本開放協力の成果であり、資本を促進するための深圳証券取引所(SZSE)とスイス証券取引所(SIX)の成果でもあります。中国企業はヨーロッパの資本市場に参入するグリーンチャネルを開拓した。

GEMの公開情報によると、スイス証券取引所でグローバル預託証券(GDR)を発行し、スイス証券取引所に上場する申請は、2022年5月24日に中国証券規制委員会に受理され、中国証券規制委員会ライセンスは6月22日で30日未満でした。これは、中国政府の審査管理のスピードとスイス証券取引所の中国企業の上場へのサポートを示している。

同様に、5月27日、GEMはスイス証券取引所(SIX)にグローバル預託証券(GDR)を発行し、スイス証券取引所に上場する申請書を行い、7月20日に上場ライセンスを取得する、スイス証券取引所と深圳証券取引所の協力のスピードが示された。

GEMはスイス証券取引所に上場して、海外のグリーンプロジェクトに投資を行い、ヨーロッパの新エネルギー産業に貢献する。

GEMは2022年4月30日に、グローバル預託証券(GDR)を発行し、スイス証券取引所に上場する計画を発表した。これは、同社のヨーロッパでのパワーバッテリーのリサイクルとパワー電池材料プロジェクトにサポートする企画である。海外のニッケル資源開発プロジェクトなどの生産・運営により、同社がグローバルなサプライチェーンの構築を促進し、国際的な資金調達チャネルを拡大し、グローバルなブランドとしての影響力をさらに強化する。

2022年5月、GEMと上海でのハンガリー総領事館は、友好的な話し合いを通じて、新エネルギー車用の高ニッケル前駆体の製造と使用済み電力電池のリサイクル回収プロジェクトに投資することに対して、協力、相互信頼及びESG価値投資の原則に基づいて、「新エネルギー車用の高ニッケル前駆体の製造及び使用済み電力電池のリサイクルプロジェクトの覚書(MOU)」を締結した。同社は材料製造の現地化へEUの新エネルギー産業発展要件及びEU新電池法を満たすために、ハンガリーで先行的な世界標準の新エネルギー循環経済産業の立ち上げを計画している。今回の協力によりますと、GEMはヨーロッパで「パワーバッテリーのリサイクル-材料の再生産-キャスケード材料の再利用」の全ライフサイクルバリューチェーンを構築し、ヨーロッパでの三元前駆体の現地化供給に対する川下の顧客のニーズを満たします。

グローバル預託証券(GDR)を発行し、スイス証券取引所に上場したGEMの重要な投資プロジェクトの一つでは、インドネシアのニッケル資源プロジェクトである。 GEMの初期の公開情報によると、GEMはインドネシアに於いて、世界有数のパワーバッテリー会社のCATL、および世界最大のステンレス鋼製造会社であるTsingshanとの合弁会社PT.QMB NEW ENERGY MATERIALSを設立した。ニッケル資源の開発及び新エネルギー用ニッケル原料の製造事業に営む。このプロジェクトは、ラテライトニッケル鉱山から50,000トンのニッケルMHPと4,000トンのコバルトメタルを生産し、三元パワーバッテリー製造のニッケル資源のニーズを満たすように設計された。このプロジェクトは、グリーン設計技術を採用し、現在の乾式法では使用されていない低品位ラテライトニッケル鉱石(0.8〜1.2%ニッケルを含む)を原料として、高圧浸出技術(HPAL)を採用し、「ラテライトニッケル鉱石を投入して新エネルギー材料の精製を行い、電池生産を行う」ニッケル資源の新エネルギー産業の理想、及び資源の保護、環境保護に努める。プロジェクトの第一期である30,000トンのニッケルMHP生産能力を完成した。このプロジェクトは、ニッケル資源を新エネルギー材料に作るインドネシアの歴史における先駆的なプロジェクトであり、インドネシア政府によって高い位置を付けられ、世界のニッケル資源の代表的な生産能力のプロジェクトとなった。

過去2年間で、ニッケル資源が三元パワーバッテリー新エネルギー車の重要な資源であり、それと共に、将来の世界的な新エネルギーの急速な発展と巨大な市場形成のため、ニッケル資源は世界的な資源不足になった。今年の3月、LMEニッケル相場は1トン当たり10万ドルを突破し、LMEニッケルの価格の記録を作り、「Demon Nickel」と呼ばれた。サリバンの報告によると、2030年までに、世界中に新エネルギー産業は300万トンのニッケル資源の使用量が増やし、現在の世界中のニッケル資源採掘の2倍以上に達して行く。今後10年間で、ニッケル資源不足によってニッケル価格は必ず高く維持される。

したがって、GEMの主導するインドネシアのニッケル資源プロジェクトは戦略的に前向きであり、優れた経済的利益の生み出せると予測される。発表した資料によると、プロジェクトの生産開始後、売上高を53億6,523万元、利益を10億6,276万元に伸長する。

C:\Users\1\Desktop\微信图片_20220720114849.jpg

図2 GEMインドネシアプロジェクト建設

スイス証券取引所に上場し、中国企業とヨーロッパのグリーンサーキュラーエコノミーチェーンを結ぶ

ヨーロッパはサーキュラーエコノミーの法律と産業の発祥の地である。 最初の廃棄物規制は早くも1975年に発行され、その加盟国であるドイツは1994年に、広く影響力のある「サーキュラーエコノミーおよび廃棄物処理法」を制定した。2015年、「欧州循環経済行動計画」が発表され、ヨーロッパを循環経済への移行を促進すると同時に、持続可能な成長を促進するための新しい雇用の道を創出することができる。2019年12月、EUは「The European Green Deal」を発表した。経済成長を資源消費から切り離す競争力のある現代経済システムを構築する。それと共に、2050年までに欧州全体がカーボンニュートラルを達成する宣言を行い;2020年3月にEUは新「サーキュラーエコノミー行動計画」を発表した、「未来に向けたアジェンダを設定、ヨーロッパをよりクリーン、より競争力のあるものにする」ことを目指す。

政策ガイダンスに基づいて、EUはサーキュラーエコノミーの発展に多い開発資金を提供、2016年から2020年までの間に100億ユーロ以上の公的資金を提供した。サーキュラーエコノミーイノベーションへの資金は、Horizo​​n2020やCohesionPolicyなどのEUプロジェクトから生じる。一連の政策と規制の実施とサーキュラーエコノミー開発基金のサポートにより、ヨーロッパは経済の再構築と「カーボンニュートラル」サーキュラーエコノミーの実現において世界をリードしている。

2018年7月、EUと中国は「サーキュラーエコノミー協力に関する覚書」に署名し、サーキュラーエコノミーに関するハイレベルな対話を行うことを決定した。中国とEUは、協力の焦点としてサーキュラーエコノミーへの移行を取り上げ、その協力を強化し、中国とEUのサーキュラーエコノミー協力を高いレベルに押し上げることに合意した。

2022年2月、中国証券規制委員会は、スイスやドイツなどの主要な欧州市場への海外適用の範囲を拡大する改訂版「国内外証券取引所の相互接続預託証券事業の監督に関する規則」を発行した。企業が海外でGDRを発行し、国際的なビジネス開発のニーズに応えるために双方向の資金調達チャネルを拡大することに推進する。

政策、資本、そして中欧のサーキュラーエコノミー協力の歴史的な機会の上で、GEMは中国のグリーン企業の優れた代表としてスイス証券取引所に上陸し、中国の先進なグリーンリサイクル技術を世界的な存在にしている。そして、人類の未来を共有するコミュニティの構築に貢献する。これは、ヨーロッパのグリーンキャピタルのグローバル化に信頼できる道を提供する。

ESGを探求し、収益は約34倍に伸長させ、環境にやさしい美しい物語を創造する

GEM(格林美)株式会社は中国の深圳に本社が所在し、20年前に中国の大学のXu Kaihua教授から「Green—Eco—Manufacture」によって名付けられた、中国で初めて「限られた資源と無限のリサイクル」というグリーンコンセプトが提案された。低炭素リサイクル産業の概念である理想は、都市の鉱山を採掘し、新エネルギー材料を開発することによって、環境汚染と資源不足の二重の矛盾が解決でき、世界的な温室効果ガス排出削減に役立ちます。

過去20年間、GEMは「都市鉱山の採掘+新エネルギー材料」というグリーン発展モデルを継続的に模索し、中国都市を中心とする都市採掘システムを構築し、「未来へのリサイクル」の実現に努める。同社は、携帯電話のバッテリーのリサイクルとニッケル、コバルト、タングステンの資源のリサイクルから、電子廃棄物と廃車のリサイクル、カスケードの再利用の為の廃バッテリーのリサイクル、そして三元パワーバッテリーと3Cバッテリーのコア材料の製造に始まりました。中国の11の州と都市に16のリサイクル産業工場を建設された、中国の5億人近くの人々とリサイクル協力関係を結びつけた、900万平方キロメートルをカバーするグリーンフットプリントである。過去10年間で、廃棄物のリサイクルと処分の累積は3,200万トンを超えた。そのうち、リサイクル・処理された家電製品の総廃棄量は7,500万台を超え、中国の全廃棄物の10%以上を占める。回収されたコバルト資源の総量は3万トンを超え、中国のコバルト採取量の200%となり、世界のコバルト資源回収の20%を占める。ニッケル資源回収の総量は60,000トンを超え、中国のニッケル採掘量の8%を占める。タングステン資源の総回収量は30,000トンを超え、中国のタングステン採取量の5%を占める。世界で炭素排出量を200万トン以上削減し、6,000エーカー以上の樹木を植え、300万バレル以上の石油を節約し、森林破壊を3,000ヘクタール削減し、土壌汚染を20,000平方キロメートル以上削減した。 GEMはまた、世界をリードするパワーバッテリーリサイクルベースを構築しており、使用済みバッテリーの年間リサイクルは、中国市場で約10%を占める。世界をリードするパワーバッテリーリサイクルベースを構築し、使用済みバッテリーの年間リサイクルを構築している。年間回収するバッテリーは中国で約1割を占めています。韓国とインドネシアにもパワーバッテリーリサイクル工場を建設し、世界の500以上のバッテリーと自動車工場とリサイクルパートナーシップを結びつけた。リサイクル三元「コア」材料は、世界の三元バッテリー新エネルギー車の15%に組み立てられている。「グリーンからグリーン」までの新エネルギー車の優れたサービスは、「限られた資源と無限のリサイクル」という産業概念を完全に徹底する。 「資源は循環の主流によって割り当てられることができる」ことを世界に証明した。

GEMは廃棄物を宝物に変え、コバルト、ニッケル、銅、タングステン、金、銀、パラジウム、ロジウム、ゲルマニウム、希土類などの30種類以上の希少資源、超微粉材料、パワーバッテリー原料をリサイクルする。新エネルギー車やバッテリー材料などのハイテク製品、資源リサイクル製品を世界のブランドに変え、廃棄物リサイクル製品を世界のセメントカーバイドと新エネルギー材料の主流製品にしています。その中、超微細コバルト粉末製品が世界市場の50%を占め、四酸化コバルト製品が16%を占め、三元パワーバッテリー前駆体材料が15%を占めている。

6.格林美报废家电绿色处理产线

図3 GEM電子廃棄物グリーン処理ライン

图2 格林美报废汽车绿色拆解线

純利益(億元)

GEM廃棄自動車グリーン分解ライン

图5 格林美高镍三元电池材料制造车间

GEMパワー電池三元前駆体生産ライン

2021年,格林美各项业务产能大释放,经营效益大增长,营业收入193.01亿元,同比增长54.83%;净利润9.23亿元,同比增长123.82%。格林美自2010年上市以来,持续快速增长,业绩一路飙升,营业收入提升近34倍,净利润提升近11倍,净资产提升超13倍,成功塑造了一个世界低碳循环产业传奇。

GEMのリサイクル事業は世界中に広く認められ、Glencore、Trafigura、BASF Shanshan、Umicore、Sandvik、Samsung SDI、CATL、Foxconnなどの世界中に有名な企業とのグリーンサプライチェーン関係を継続的に確立している。全国循環経済教育実証基地、全国「都市鉱山」実証基地、国立技術革新実証企業、国立グリーンファクトリーなどのグリーン名誉称号を中国政府から相次いで授与され、中国を循環社会に推進する優れた代表者となった。 2018年にダボスで「グローバルサーキュラーエコノミー国際企業賞」を、2020年に「持続可能な開発のためのポールソン賞」を受賞した。世界中に有名な「Nature」誌に世界的な廃棄物リサイクルの成功例として掲載された。国連に汚染削減の垂範企業としてリストされる。これは、中国のサーキュラーエコノミーがグローバル化するための重要な地理的指標になっている。

2021年には、GEMの各種事業の生産能力が大幅に解放され、業務効率が大幅に向上します。営業利益は193億1000万元、前年比54.83%増、純利益は923万元、前年比123.82%増。 2010年の上場以来、GEMは急速な成長を続け、業績は急上昇した。営業利益は34倍近く増加し、純利益は11倍近く増加し、純資産は13倍以上増加した。低炭素リサイクル産業の世界的伝説を作った。

図6 GEM近く10年の営業利益、純利益と純資産

グリーン発展の高速鉄道に乗り、将来パフォーマンスの高成長に期待できる

世界中での新エネルギーの急速な発展に伴い、新エネルギー車は急速に燃料車に置き換わった。2026年まで、新エネルギー車の世界販売は2,000万台を超え、パワーバッテリーとバッテリー材料の市場は広いと見られる。

中国の消費の拡大と産業のデジタル化の進展により、中国は廃電子製品のピークを迎える。2026年まで、中国の廃棄自動車、電子製品、パワーバッテリー、プラスチック製品などの価値は2兆を超える。

今後5年間、GEMは、「都市鉱山の採掘+新エネルギー材料の開発」というデュアルトラックのグリーン戦略が世紀に一度の市場機会である新エネルギーの急速な開発を捉える。世界と中国の廃棄物処理のピーク期間、そして高成長の開発チャネルに向かって前進し、世界の投資家に良い投資価値を創造する。GEMは、2022年の売上高は260億元/実現利益は15億元、2023年の売上高は328億元/実現利益は21億元、2024年は21億元と発表した。売上高は418億元、利益は32億元を実現する。2026年に、二酸化炭素排出量を100万トン削減、「廃棄物を宝物に変える」から「廃棄物をカーボンシンクに変える」にアップグレードし、同社のグリーンバリューが再生可能資源の販売から「カーボンシンク」の販売にアップグレードし、グリーン開発の世界的リーダーを生み出すトップ企業グループ!

1cf3e05aa9185e9889cefa470a74e71

図7 GEM未来“脱炭素”生産拠点

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。