農村の活性化を促進する鄒城市の張庄鎮、住みやすい農村環境を構築

07-22

済寧州鄒城の張庄鎮は、蓬湖山周辺に5つの省レベルと4つの市レベルの「美しく住みやすい」農村デモンストレーション村と、蓬莱東華景勝地周辺の農村活性化のためのデモンストレーション地域を建設するための努力を促した。

張庄鎮は、独自の農業を発展させ、美しい村づくりと観光産業を融合させ、複数産業の融合を促進し、住民の所得を高め、農村環境を美化する事業に力を惜しまない。

張庄鎮では、農地を改造してもとの森林や果樹林に帰還する戦略を数年前から実施している。現在、サクランボの植栽面積は合計3万5000ムー(2333ヘクタール)に達している。また、同町ではサツマイモの苗木の栽培から植え付け、加工、販売までの一貫した産業チェーンも構築している。

張庄鎮は張庄サクランボ、翠草芋など12つの地元農産物のブランドを作り、4製品が緑色食品認証(CFC)を、12製品が無公害製品認証を取得していた。

「電子商取引+速達」モデルに頼って、張庄鎮は河北省や広東省を含む17の省と都市に農産物を販売している。毎年20,000件以上の注文がオンラインで受け取られ、農家の収入が大幅に向上しています。

張庄鎮では、咲き誇る花を楽しんだり、鳳凰山をハイキングしたり、さくらんぼや柿を摘んだりする観光項目で訪問者を引き付けるイベントを定期的に開催する。ホームステイや「幸せな農家」も大人気だ。年間100万人からの観光客が訪れている。2021年、士陵村には60万人以上の来客が訪れ、毎日8, 000人がピークを迎えた。村の年間収入は530万元(78万5,800ドル)に達し、利益は230万元でした。観光による村人の年収は一人当たり5,000元以上増加した。

住民の所得増大を助けるために、籐細工やワイン醸造など、いくつかの伝統工芸品も推進·開発されている。

張庄鎮はまた、農村観光商品の流通センターを設置し、各種農産物や関連商品をはじめ、ヒョウタンのパイログラフィ、藁葺きの芸術品、ピーナッツバター、花茶などの文化創作商品を販売している。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。