UNISOCは中国ユニコムと5Gエンドツーエンドネットワークスライス選択ソリューションを開始しました

10-16

UNISOCと中国ユニコムは、世界初の3GPP準拠のエンドツーエンドネットワークスライス選択ソリューション (注1) の立ち上げに成功しました。これにより、中国 Unicom 5G SA の試用商業ネットワークにおけるアプリケーション記述子、ドメイン記述子、IP 記述子、DNN、およびその他のビジネス識別子を通じて、デバイスが独立して柔軟にネットワーク スライスを選択し、さまざまなビジネス シナリオでフルストラテジー スライス エクスペリエンスを実現できます。

ネットワークスライシングは、5Gネットワークアーキテクチャの重要な機能の1つであり、5Gの特性と基本機能、そして5Gの重要なエントリーであり、何千もの産業を可能にします。ネットワークスライス技術は複雑性が高く、ドメインやプロセスを含む複数のネットワークレベルを通じて実行される技術的なソリューションです。長い間、デバイス内のネットワークスライシングのソリューションは、エンドツーエンドのネットワークスライスビジネスの発展の制約となっており、その技術的なボトルネックは、通信チップと端末オペレーティングシステムの限界にあります。


UNISOC 5Gチップを搭載したスキームでは、このソリューションは、3GPP仕様のすべてのスライス選択戦略のための5Gスマートフォンとデータ端末をサポートし、ユーザーのビジネス体験を最適化します。両者は最近、中国ユニコム北京の5G SAトライアル商業ネットワークに関する技術的検証を完了し、将来的に5G産業アプリケーションの多様な開発のための技術的基盤を築いた。


今年初め、中国ユニコムは1,000元、5G CPE VN007の下で価格の世界初の5Gターミナルを発売しました。UNISOC V510が搭載するCPEは、ソフトウェアアップグレードを通じてエンドツーエンドの5Gネットワークスライス選択ソリューションをサポートし、テスト検証を完了しました。これにより、5G ネットワーク スライスの製品化しきい値が下がり、5G 業界アプリケーションシナリオが急速に強化されます。


注1:世界初の3GPP準拠の5Gスマートフォンとデータ端末ネットワークスライス選択ソリューション。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。