サラブレッドのPTパブリックブロックチェーンは出藍の誉れ、注目を集め

09-21

メガトレンドから見ると、パブリックブロックチェーンは絶えず反復する過程であり、コンセンサスアルゴリズム、ネットワークアーキテクチャ、開発者プロトコルを問わず、一代また一代絶えず改善と革新を行い、後発のプロジェクトは往々にしてより多くの経験と教訓、より先進的な技術システム及びより経験のある開発人材の蓄積を備えている。


PTパブリックブロックチェーンはパブリックブロックチェーンサーキットの優秀な新人として、主流パブリックブロックチェーン技術の限界と次世代パブリックブロックチェーン技術の発展方向について非常に明確に認識している。PTパブリックブロックチェーンは技術でブロックチェーン実用化を目指すブロックチェーン3.0のスローガンを掲げており、業界全体を横目させている



シリコンバレーのスターチーム、豪華な人員配置


人材はパブリックブロックチェーンの魂であり、ビットコインにおける中本聡之、イーサリアムにおけるヴィタリック・ブテリンのように、開発チームの理念、技術力及び個人の好みはパブリックブロックチェーンの発展の大きな方向性を決定するものである。PTパブリックブロックチェーンの開発チームは米国シリコンバレーの優れた技術素養を持コンピュータハードウェア技術のエリート、コード開発の専門家、暗号学技術の達人及びブロックチェーン集積応用分野の研究者から構成され、このようなスターチームの人員構成は業界全体で珍しい。


PTパブリックブロックチェーンの強力な開発チームにより、パブリックブロックチェーンは設計当初から多くの画期的な先端技術を採用していた。例えばPTパブリックブロックチェーンの創設チームは業界に先駆けてポスト量子暗号化の理論を提唱し、量子コンピュータがブロックチェーン暗号化システムにもたらす可能性のある脅威に初めて正面から対応し、量子暗号化と量子伝送の手段で量子コンピュータに対抗しようとしている。PT量子計算の暴力的な復号化に対抗できる唯一のパブリックブロックチェーンであり、量子技術を導入した唯一のパブリックブロックチェーンプロジェクトでもあるのは、開発チームの展望性とオタク精神の成果物である


最先端の理論とThunderCoreの優れた技術を導入


ブロックチェーンは総合的な応用学科として革新のほか、従来技術路線に対する理解と技術成果の選択的な引用も開発過程において非常に重要な一環である。PTパブリックブロックチェーンは科学技術の最先端である米国シリコンバレーに立脚しており、開発チームは広い国際的視野を備えており、最新の業界技術の動向を把握している。


PTコンセンサスを構築する時、チームは現在市場で主流のすべてのコンセンサスメカニズムを比較分析した結果、最終的にPTパブリックブロックチェーンのコンセンサス基盤としてThunderCoreパブリックブロックチェーンのPALAコンセンサスアルゴリズムを選定した。ThunderCoreも業界内の有名なスタープロジェクトで、ThunderCoreのPALAコンセンサスを導入すると、PTパブリックブロックチェーンデータスループット能力TPS2000を突破するほど質的な飛躍を実現できる一方、ビットコインやイーサリアムなどPOWコンセンサスのパブリックブロックチェーン一桁から二桁の処理能力しか実現できない。


強力な整理能力はPTパブリックブロックチェーンに超実用的な特性を与え、現在のPTパブリックブロックチェーンの設計負荷能力で、ビジネス環境での大規模なデータ処理のニーズを完全に満たすことができ、これもPTチームがブロックチェーン3.0を呼ぶ底力となっている。



資本の人気を集め、複数のファンドがPTパブリックブロックチェーン生態系への参入を計画


良好なチーム背景に強力な技術実力を加えて、PTパブリックブロックチェーンは多くのパブリックブロックチェーンプロジェクトの中で頭角を現わし、嗅覚が最も鋭敏なのは業界の内部資本VCにしかない。業界内はすでに最近多くの資本PT配置参与するようすでにPTの開発チームと密接に接触し始める、という噂がある。


様々な公開資料及び業界で半公開されている資料によると、米シリコンバレー資本、シンガポール国立基金(XSDG)、ブロックチェーン専門VC機関SNTD基金、イーサリアムの早期投資機関であるDRCT、国内雄兵資本四海野拓などの機関は、PTパブリックブロックチェーンと前期のコミュニケーションを始めた。資本の目はいつも高精度で、前回こんなに多くの資本に追われて投資プロジェクトはFECOINである


現在、PTパブリックブロックチェーンはブロックチェーンの大方向の選択、技術路線の試み、市場全体の位置づけでも非常に優れている。今後、市場の認可、資本の推進及び技術の絶え間ない突破の複数の助力で、PTパブリックブロックチェーンは徐々に望み通りに登場し、ブロックチェーン3.0時代の先駆者となる。



免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。