日系DELFINO社スマートカプセルトイ自動販売機が中国に進出し、成都に初上陸

03-19

4月26日に、DELFINO社のスマートカプセルトイ自販機が中国の成都に上陸し、同時に成都10ヶ所の大型商業施設に設置。

   DELFINO社の主要投資先の大倉株式会社の清瀧静男会長から、今年は成都以外の都市にもスマートカプセルトイ自販機を設置して、さらに中国全国に進出予定。中国における自社プランドの影響力を広げて行きたいとの狙いです。

 图片1.png

 

DELFINOの「中国展望」

      ガチャポンというカプセルトイ文化が日本で長年進化している中、これから非常にポテンシャルのある中国のガチャポンマーケットについて、市場調査を基づいて、業界大手会社のディズニー社やバンダイ社と手を組んで、2019年から中国市場で本格的に事業開始予定。

 

   また、DELFINO社のスマートカプセルトイ自販機の特徴として、11.6インチのタッチパネルを搭載し、動画コンテンツの配信やアリペイとウィチャットペイで決済可能を実現している。

 

   019年末までに、全国1140ヶ所(11400台)の設置予定。


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。