仮想現実のビジネスのベストパートナーDPVR

09-23

2015年に設立されたDPVRは、中国の仮想現実HMD 1世代の企業で、世界初の一体型モバイルHMDを発売し、2020年IDC Q2の最新の報告書によると、DPVRは20%以上の市場シェアで中国市場で1位、世界市場で4位という仮想現実の専門企業であります。



DPVRは最近、東洋フィナンシャルホールディングスとシャオカーキャピタルの1千万ドルに達する新しい共同投資完了を発表したが、CEOの陳朝陽(Chen Zhaoyang)は「後コロナ時代にも、今回の資金調達の成功は、世界的なXR業界によいニュースだ」と伝え、今後の継続的な投資を通じて5G&XR産業の成長に合わせて、ユーザーに最高の体験を提供することができるXR製品の研究開発と製品の発売すると発表しました。



DPVRは2017から日本市場に進出して企業向け業務を中心に発展しています。日本総代理株式会社L.A.Bと連携し、日本全国の試写室、ネット喫茶、チェーンホテルにDPVR-4Dの姿が見えます。そして、近日にハイクォリティー 画質のVR serverを市場に公開し、日本消費者の好みに合わせて、好評価を得ています。更に、2018年に株式会社Aiutoと協力し、Coloplが運営している360channel専門VRスタンドアロンデバイス及び日本Vtuberユーザーが愛用されているE3-4KゲームセットがAmazonとAkiba- Eショップにで発売を始めました。現在多く日本消費者が小売店、ネット通販、VR体験施設で、DPVRの製品とサービスを体験することができます。

DPVRが日本のパートナーと一緒に、消費者更に素晴らしいVR製品にもたらし、企業向けカスタマーサービスとソリューションも提供しています。詳細はお問い合わせください:salesmarketing@dpvr.cn


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。